ブログトップ

表まさひろ日記

m7andy.exblog.jp

まさ新聞連動新表日記

MacBook Pro 13インチを購入!!

2004年6月に PowerBookG4 15インチを購入して 以来、
実に6年ぶりに、新しい Macを今日、購入した。

MacBookPro 13インチモデル
予算が無いので安いほうの、
114800円のモデル。
intel Core2 Duo 2.4GHz

同じく安い 白いMacBookでもスペックはほぼ同格なのだけど、
MacBook はメモリーが2GBに対して、
MacBookProはこの安いほうでも メモリは4GB

それに FireWireポートが搭載されいるのがボクには重要だったので。
FireWireの ビデオキャプチャー、外付け HDD、DVDドライブなども持っていたので。
さらにSDカードスロットもProには搭載されてて、

PSPで使う汎用のメモリーカードもmicroSDを変換して使ってて、
すでに4GBのmicroSDを数枚所有していたので。
PSPとMacをUSBケーブルで繋げないでも SDカードスロットでデータ共有できる。

PowerBookG4はまだ動いているのだけど、メインモニターはバックライトが切れて写らず
外部モニターに接続しつつ使用していた。
さらに内蔵DVDドライブももう数年前から認識すらしない状況だった。

一応 Classic環境(OS9)がまだ動くので、両方併用で使用する予定。

さっそくデータの移行作業をしてみた。

MacBookProを起動してすぐにそれを聞いてきたので
FireWireケーブルで MacBook と PowerBookを接続。
PowerBookを外部HDDとして認識させる(tを押しながら再起動)

ユーザーデータの移行に1~2時間かかった

PSPでときメモ4を遊びながらのんびり待つ。。

するとMacBookProに iTunesの膨大な曲(4000曲以上20GB以上)と
iPhoneのアプリ ビデオ ポットキャスト などすべて転送されていた。

Safariのお気に入りブックマーク、住所録 メールアカウントなどもそのまま。
主要なアプリケーションなどもすべて転送された。
万が一 古い方のMac(PowerBook)が起動しなくなってから購入したら
こんなにスムースにはいかなかっただろうな。

使用感やはり 鏡面モニターがとても美しい。
YouTube のHDビデオ、QuickTime HDビデオなど
PowerBookでは力不足で 再生できなかったのが
さすが2.4GHz インテルDUOパワー 滑らかに再生してくれます。

インテルMacでないとサポートされていない
Gyaoの動画もMicroSoft のプラグインをインストールすることで
MacでGYAOも見れるようだ。

最新のiLife09もインストされてて、今まで使った事の無かった
iWeb09が使えるようになった。新しいホームページも簡単に出来そうだな。

OSXも10.6になったけど使用感覚は、今までの10.5と変わらないが
QuickTimeがバージョン10になったのが魅力。

いままで外付けだったWebカメラも iSightカメラが内蔵になった
ビデオチャットもこれで出来そうだな。(最近やってないけど)

GPUもそこそこ良さそうな。
NVIDIA GeForce 320M グラフィックプロセッサ
VRAMは256MB


2004年にPowerBookG4 15.2インチは298000円もしたのに。
114800円とはMacも安くなったー


Windows7もインストール可能。
OS単体で買うとかなり高いんだろうな。
XPのほうがいいかもしれない。そのうち検討予定。

来年の7月までには 地上デジタル放送対応のキャプチャーも購入予定。

現在所有のアナログ波専用のキャプチャー(アイオーデータ GV)
はそのまま使用できたので、テレビもMacBookProでしばらく見れます。

まだ新しいキーボードになじめないのと、新しいトラックパッドの操作に戸惑い、
なんと 最近のMacのトラックパッドはついにボタンすら存在しなくなった。
(パッドそのものがボタンで 2本指操作や 特殊な操作でいろいろできるみたい)

ようやく時代に追いついたかな。
iPadよりMacBookのほうが魅力的だと思うけどな。

MacBookProから初投稿!

b0016565_20554941.jpg

[PR]
by m7andy | 2010-06-15 20:55 | Mac | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://m7andy.exblog.jp/tb/13462005
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。