ブログトップ

表まさひろ日記

m7andy.exblog.jp

まさ新聞連動新表日記

QuickTimeXの画面収録

MacBookProを新規に購入して、新たにMacOSXも10.6 Snow Leopardになったわけで、
見た目や操作性は10.5とほとんど同じらしいが、64bitで動作する。
実際にはMacをそのまま起動しても32bitになるのだけど、
6と4のキーを押しながら起動(再起動)すると64bitで動作する。
ボク的、一番の興味は OSX10.6から搭載された QuickTimeX。
以前7の頃はプロでしかできなかった 簡単な編集書き出しがデフォルトでできるように。
トリムといってムービーの前後のみだけどカットが出来る。
さらにiTunes用iPod iPhone用などに書き出しもそのまま可能に。
YouTubeへアップ機能もある。

さらに面白い機能では画面収録が出来るようになった事。
Macに写っている画面をそのままフル画面で録画してくれる機能だ。
プレゼンなどでMacの操作を説明する時に便利のような機能だけど、
音声は外部入力のマイクからでないと同時収録は出来ない。

Macで実際になっている音声は同時録音は出来なかった。
ダウンロードが困難な 動画配信を録画するのに便利かもと少し思ったんだけど。。
でも少しだけ工夫すればできるかも?

 ボクのMacにはUSB外部音声入出力機器 Roland UA-3FXが接続されてて、
自宅ではYAMAHAのモニタースピーカーにそれで接続している。
 UA-3FXにはMacそのものの音声を収録する為の機能でLoopBackというボタンがあり
それでMacで実際になっている音声を録音ソフトで録音できるのだけど、

QuickTimeXの画面収録の際に音声入力を選択でき
(実際は外部マイクなどで自分のナレーションなどを録音する為の機能)
そこにUA-3FXを選択すると、LooPバックでMacの音声も同時に録画ができるようなった。

YouTubeなどの動画は安易にダウンロードが可能なのだけど、
中にはプロテクトのかかった動画もありダウンロードが出来ない時もあるみたい。

GYAOの動画配信もダウンロードは出来ないので(やり方知らないだけかも)
その方法で録画するとMacに保存も可能だ。

なぜかあらゆる手段でダウンロードできなかった、
エヴァンゲリオンのYouTube公式動画配信サイト。
この方法で録画してみた。
現在6話まで無料で配信されている高画質で。

さらにQuickTimeXは音声のみ録音機能もあるのだけど、Macで鳴ってる音声をそのまま録音は
できなかったのだけど、上記の方法ではMacの音声の録音も可能だ。
b0016565_19583073.jpg

[PR]
by m7andy | 2010-06-28 19:58 | Mac | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://m7andy.exblog.jp/tb/13522016
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。