ブログトップ

表まさひろ日記

m7andy.exblog.jp

まさ新聞連動新表日記

『宇宙戦争』を見ました。

2005年11月9日(水)
 今年公開された スピルバーグ監督の最新作、『宇宙戦争』をレンタルで早速見ました(今日発売&レンタル開始)。購入しても良かったかも!と思える程、面白かった。
過去に同名の映画(1953年作)があり、原作もSF作家の元祖、HGウェルズ(タイムマシンなども有名)。トムクルーズとその娘、息子の3人の視点で描かれており、トム(主人公)の家族を一途に思う演技が冴えてました。それと、暴徒化する人間(地球人)のほうが、宇宙人より怖かったかも。旧作を見てればなお ニヤリとするシーン、例えば廃墟に逃げ込んだ主人公達に宇宙人のヘビの頭のようなカメラ覗き込む所など、ラストシーンなど、が所々にあったけど主人公も内容も全く別ものだった。
 原作でも出て来る、宇宙人の三本足の戦車?がそれそのものが、まるで生き物のようでとても怖かった。宇宙戦艦ヤマトの映画『ヤマトよ永遠に』でも似たような、暗黒星団帝国の掃討三脚戦車が出て来たのを思い出す。ネタバレになるかもだが、最後はもっと意外な結末を期待したのだが、。。 でも見終わってとても満足感のある作品だった。
あ~るの日記@ココログ
■〔映画鑑賞メモVol.2〕『宇宙戦争』(2005/スティーヴン・スピルバーグ)
b0016565_1453388.jpg

[PR]
by m7andy | 2005-11-09 14:53 | 映画、ドラマ | Trackback(4) | Comments(3)
トラックバックURL : http://m7andy.exblog.jp/tb/3748139
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 日記 at 2005-11-09 14:55
タイトル : まぁいきましょうか・・・
足跡残しておきますね。... more
Tracked from impression at 2005-11-09 17:41
タイトル : 宇宙戦争
イギリスのSF作家H・G・ウェルズの古典的な人気小説をスティーヴン・スピルバーグ監督がトム・... more
Tracked from あ~るの日記@ココログ at 2005-11-09 21:43
タイトル : 宇宙戦争
スティーブン・スピルバーグ監督×トム・クルーズ主演の映画『宇宙戦争』を観た。この映画は、H・G・ウェルズ原作の1953年にジョージ・パルによって製作された同名映画のリメイクだ。前作は昔テレビで何度も観て、結構好きな映画だ。それを、最新の映像技術を駆使してどのように描くか興味深かったが、映像的には期待以上のできで満足した。非常にリアルで迫力ある映像の数々で、特撮が全然違和感がないのは流石としか言いようがない。しかも、宇宙人のマシン(トライポッド)も、原作のイメージ通りで"格好良い"。ミニチュアがあれば是...... more
Tracked from 太陽がくれた季節 at 2005-11-10 00:14
タイトル : ■〔映画鑑賞メモVol.2〕『宇宙戦争』(2005/ステ..
こんばんは~、 さて、7月最初のエントリーです、 いやぁ、今日は良く晴れてねぇ(^^)、ともかく暑くて蒸してしんどかったぁ~ さて今回は、初日(6/29)のレイトショーで鑑賞した『宇宙戦争』(2005/スティーヴン・スピルバーグ)の雑感などを残してみます。 震え上がるが侭(まま)に画面に目を奪われる映画体験 スピルバーグはH・G・ウェルズの原作『宇宙戦争』が孕んでいたであろう19世紀末的世界観に、現在の大惨事(テロ攻撃、人災、天災…)的なところに重なるイメージ、ヴィジュア...... more
Commented by あ~る at 2005-11-09 21:47 x
TBありがとうございます。
この映画を観た後で、旧作のDVDを買って観ました。
昔テレビで観ていたので内容は知ってますが、テーマなどは新作と随分違って、これはこれでとっても面白かったです。
因みに、この映画、絶対映画館で観たほうが迫力あって面白いですよ。
特撮やCGの映像だけでなく、音響が迫力あったのでお勧めです。
もっとも最近はプロジェクタや5.1chサラウンドなど、劇場に負けない機器も出てますけどね。
Commented by oh_darling66 at 2005-11-10 01:00

**m7andyさん、お邪魔いたします

先日は本作でのTBを頂き、また、記事中リンクを頂きましてありがとうございます!

さて、幸い、僕は本作を2度映画館で鑑賞できました、

僕に取っては、スピルバーグならではのショッカー・テイスト、スリラー・テイストの乗った弩級のスペクタキュラーでした、

脚本はさほど旨味が無いと思うのですが、大雑把に言えば、ヴィジュアル的なテンションだけでも十分に終幕まで目を見張らせるものに為っていたと思います、
つまりは、スピルバーグの演出の底力を感じた次第です、

また、父娘がボストン市街に入ってからの、“トライポッド”がビルに倒れこんでいるようヴィジュアルを含めた日中の廃墟的な光景からは、僕は、ようやくこの侵略異星人による悪夢的な殺戮、破壊が終息して行くのだろうと云った安堵感を持ちました、

賛否分かれる(^^)あのラストも、(原作通り云々はまた別にして…)僕にとってはストンと綺麗に納まったという印象で受け入れてしまえます。

―m7andyさん、
また、僕のブログにも遊びにいらしてください、
今後とも宜しくお願いいたしま~す!!
Commented by m7andy at 2005-11-10 12:52
>あ〜るさん 初めまして!(*^o^*)。コメントありがとうございます!
そう劇場で見たかったです〜 スターウォーズep3と重なってそっちを見たので〜。でもDVDでも迫力ありましたよ〜17インチ画面とヤマハの楽器用スピーカーで見ました。(まだ5.1chにはしてないですけど)
>oh_darling66 さん 初めまして〜コメントありがとうございます!
そうですね〜さすがスピルバーグ監督 SFXは見応え抜群だし、「激突!」や「ジョーズ」に似た、最初は見えない敵の恐怖感がたまらなかったです!>―m7andyさん、
また、僕のブログにも遊びにいらしてください、
はい! リンクしておくのでまた 遊びにいきま=す
こちらこそ 宜しくです。m(_ _)m