ブログトップ

表まさひろ日記

m7andy.exblog.jp

まさ新聞連動新表日記

終わりに見た街

2005年12月4日(日)
 昨夜、ドラマ『終わりに見た街』を見た(テレビ朝日)公式サイト
山田太一さん原作のドラマで ある一般的な4人の家族が家ごと、突然、昭和19年にタイムスリップして、現代の家族が戦時中を漂流する話。主人公が中井貴一さん、その奥さん役にボクも最近好きになった女優、木村多江さん(素敵)もしまだ見てなくて、もしかしたらレンタルビデオも出るかも(再放送など)なのであまり詳しく書かないけど、ラストが衝撃的。ただ 始まる前にこの後すぐとかの静止画のテロップで、ラストのネタバレのような画面だったのは絶対よく無い!ボク自身は過去の同名のドラマを見ててラストは知ってたからいいけど、。でも主人公の中井さんはまだ家族と一緒だったから良かっただろうなぁ〜 何故か一緒にタイムスリップした柳沢慎吾さん(とその息子も)中々いいキャラだったのだが、「なんで俺は女房と一緒じゃないんだ〜」と辛い台詞。でも柳沢さんのキャラが良いアクセントになって良かったし、柳沢さんが居ないと暗い雰囲気の家族のままだったような気がする。柳葉敏郎さんも将校役で出てた。終わりのほうに食堂でも将校ぽくない彼が出てたのだが、なんで将校の彼が落ちぶれて?と思ったのだが別人で、二役だったようだ。柄本明さんも出てたけど役名が芋を食う男って(*^o^*)。

b0016565_1501656.jpgb0016565_1502655.jpg
[PR]
by m7andy | 2005-12-04 14:46 | 映画、ドラマ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://m7andy.exblog.jp/tb/3860947
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。