ブログトップ

表まさひろ日記

m7andy.exblog.jp

まさ新聞連動新表日記

2008年 10月 28日 ( 1 )

 「イノセンス」を見ました。押井守監督の名作アニメ映画。
まだ見ていなかったので、とにかく凄かった 映像が 音が、世界観が。。
CGとアニメを超越した美麗な作品。
雰囲気はリドリースコット監督の「ブレードランナー」のような世界。
2032年の東洋(日本?)が舞台で、
愛玩用(セクサロイド)女性型アンドロイドが、次々と殺人を起し自らも自爆(自殺?)する事件が多発する。
 その捜査に乗り出す 主人公のパドー これまた大好きな 大塚明夫さんの声。
キャラも思いっきり 大塚さんに本人にも似ていて、ターミネーター(シュワルツネッガー)、
ステーブンセガール、そしてスネーク(メタルギア)のような雰囲気。
身体もほとんどサイボーグ化されているけど、愛犬と暮らすバドーに、
不思議と見ているうちに も妙に感情移入して、
アニメの世界にどんどん引き込まれ、その独特な世界にのめり込めました。

 映像がCGとアニメの合成だけど 美しすぎる 。
さすが世界に認められた 押井監督のジャパニメーション。

b0016565_2232013.jpg

[PR]
by m7andy | 2008-10-28 02:27 | アニメ、ガンダム | Trackback | Comments(0)