ブログトップ

表まさひろ日記

m7andy.exblog.jp

まさ新聞連動新表日記

警部補 古畑任三郎 「死者からの伝言」

*** 第1回  「死者からの伝言」 VS 小石川ちなみ(中森明菜)***
 
 1994年4月13日放映(フジテレビ) 視聴率14.4%

*オープニング口上*
「犬を飼っている人に一言。名前を呼ぶときは『ちゃん』を付けるのはやめて下さい
『ちゃん』を 付けると、犬は『ちゃん』までが自 分の名前だと思い込んで
『ちゃん』を付けないと振り向かない場合があります。犬には、、んー」

*犯行内容*
少女コミック作家が、自分が遊ばれていると感じその彼 であった編集者に復讐。

*殺害方法*
 扉の開かない倉庫へ閉じこめ、外の空気が入らないよう にし窒息死させた。

* 古畑の着眼点*
被害者の手に握られた白紙の紙、そして殴られた顔な ど、事故に見せかけたこの殺人は、
第一発見者が犯人であるということを、被害者の意外なダイイングメッ セージが示していた。

*記念すべき第一回の「警部補 古畑任三郎」感想*
放映されたのは、1994年のこと。
主人公の古畑さん と犯人(小石川)、
それと今泉君しか基本的に出演せず、しかも、舞台は小石川の洋館別荘内のみ。
密室 の殺人を古畑任三郎が推理する。いわゆるアームチェアーデイテクティブ
(探偵が部屋から一歩も出ないまま事件を解決する、ミステリーの専門用語)
衝撃的な 設定で当時すごくインパクトがあって即この古畑ファンになった。
古畑さんはこの小石川ちなみを最終的には逮捕するけど、
かなり思い入れがあったらしく古畑さんのプラトニックな恋が始まっ ていた。
無罪になって釈放さ れても交友があったり、このあとの話の台詞にもちなみの話が良く出て来る。
 第5話「汚れた王将」では彼女のサイン入りコミック を読んでいたり、
パート2の第1話では犯人の弁護士小清水(明石屋さんま)が、
ちなみ の弁護を以前して いて無罪したことを話す。
パート2第7話「動機の鑑定」では古畑さんは彼女の結婚式に出た後に登場。
しかもこの時結婚式で歌ったのが、
「サントワマ ミー」(二人の恋は~終わった のね~♪)
 同十話「NYでの出来事」ではアメリカの彼女の家に遊びに行ってい る。
パート3の第5話「古い友人に会う」この時の友人、
安斎(津川雅彦)にこの第1話に出てた、
ゴールデンリトリバーの万五郎を預けてて万五郎も再登場する。
このような伏線を 含み見ると、とても楽しい。
(以下 追記、加筆)
ちなみにこの万五郎も1話と同じ俳優犬ベン君が演じているらしい。
さらに、
古畑任三郎FINALで 松嶋菜々子の事件の時、
FINALの最終回のラストで、小石川ちなみの事を語っている。
古畑さんは一途に、最後の最後まで、彼女を想い続けていた証拠。

まさ新聞 古畑任三郎研究所(第1回)より転載。


古畑任三郎 全話再放送SP 記念アップです。

b0016565_15471634.jpg

古畑「ん~ 加藤茶と荒井注しかでてこない~
   一応2人に当たってみますが恐らく関係ないでしょう~」
[PR]
by m7andy | 2009-10-14 15:47 | 映画、ドラマ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://m7andy.exblog.jp/tb/12128713
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。