ブログトップ

表まさひろ日記

m7andy.exblog.jp

まさ新聞連動新表日記

アポロ13

 映画「アポロ13」のDVDを 安かったので、買いました。
sofmapで中古780円。
ケースがCDサイズのDVD。
初期の頃のDVDは、まだCDと同じサイズのケースだった。
最近はアマレーケースが常識ですね。
アマレーってメーカー名だったそうで最近知りました。
PS2のゲームのケースにアマレーのトールケースが採用されたので、
DVDビデオもこのアマレートールケースになったようですね。
任天堂Wiiのゲームもアマレーケースを採用しました。

 アポロ13 は実際にあった、アポロ13号の悲劇的な事故で奇跡的に宇宙飛行士が生還した
ノンフィクション映画。劇場公開時に見に行ったときも感動して、もう一度見たかった映画。
アポロに搭載されていたコンピュータが ファミコン並らしいのですが当時では最高のコンピュータだったのでしょうね。ファミコン並で、月まで行っていたのか!!
 アポロ13号の司令船にダメージが生じて、ドッキングしていた着陸船が救助船になった。
軌道修正するときに、飛行士達が操作している 操縦桿が PS2のコントローラやWiiのヌンチャクのような3Dステックぽいものだったのが印象的。
着陸はしなかったものの、アポロ13号は月を1周して、
その周回軌道を利用して地球に戻るのだけど、着陸しないものの、
月にはちゃんと行ってるのですね。
着陸船のおかげで3人が助かったのですが、最後に着陸船を切り離すときに、、
「良い船だった。ありがとう」という台詞が大好き。
感動的な生還劇でオススメの映画の一つです。

次に月に人類が行くのはいつなのだろうか?
そのうち月に誰でもいけるような時代もくるんだろうなぁ〜
b0016565_23175716.jpg

[PR]
by m7andy | 2008-06-24 23:13 | 映画、ドラマ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://m7andy.exblog.jp/tb/8877668
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。