ブログトップ

表まさひろ日記

m7andy.exblog.jp

まさ新聞連動新表日記

2007年 11月 23日 ( 3 )

気が付くの遅過ぎました
「表まさひろ日記」
90000ヒット達成!
してましたPAN!( ^-^)∠※.。・:*:・゚`☆、。・:*:・゚`★!!
今週の水曜くらいにすでに 9万でした。
すっごーー今年中に、10万ヒットいくかもしれません??
1日150~250人の方に読んでいただいているようです。

多くの方に読まれて 大変光栄であります。今後も宜しく御願いします!!
ありがとうございました。m(_ _)m !
これから 更新がんばります。マニアックですけどww

b0016565_1726464.jpg

[PR]
by m7andy | 2007-11-23 17:26 | まさ新聞 | Trackback | Comments(0)
おい森ついに2周年! PAN!( ^-^)∠※.。・:*:・゚`☆、。・:*:・゚`★
2005年11月23日
に発売されて、今日で おい森記念すべき2周年目
累計は440万本売れていて、今でもベスト30位には入り、
今でも売れ続けてます。
やはりWiFiを最初に取り入れたゲームだし、
遠くの友達の村へ気楽に遊びに行けるのが良いですね。
2周年目の手紙が任天堂から来ました。
おい森の中の自分の家に。
買った頃はまだ、DSは初代の古いDSしかも銀色の1色しか
なかった頃でした。ボク最初はそれでした
今はDS Lite アイスブルーだけど。
おい森は発売日には売り切れで買えず、
2005年12月頃に買いました。DSも1年くらいは売り切れ状態でした。
DS本体は発売日買ったかも(2004年12月?)
DSと最初に一緒にかったゲームは、
「きみのためなら死ねる」でした。今でもたまに遊びます
これもなかなか名作でしたが一部の人にしか受けなかったのが
残念。

DS本体(DS,DS Lite含)の累計台数は2000万台だそうです!
あのファミコンでさえ2000万台も売れませんでした。
一家に一台から 今度は1人に1台ペースに。
このままDSもおい森も売れ続けそうですね。
おい森DSの2作目出てもいいかもしれませんね!!
『おいでよ動物の森+(プラス)』、
『もっと おいでよどうぶつの森』
とかww いろいろ改善バージョンとか、
過去のカードから引越サービス可能で!
でもWii版控えているのでそれにまずは期待しましょう。

昨日のおい森日記
おい森でおでかけは
カオリンの村がカブ高騰で開門されてて、カブ無かったけど
遊びに行きました。みゅうさんとかれんとエディさんが売りに来ました。
カオリンの村に去年 好評だった マイさんのデザインの
サンタの服が有り、さっそくもらいました
去年もこれ持ってたけど、消しちゃったのでww
その後 よーへーの村も開いてるのでそっちにも遊びに行く。。
ミルさんのサブのみみさんが来てて、やはり よーへーの村も
カブ高騰で、カブを売りに来てたようです。
マイさんのサンタの服を よーへーのムラムラ村のきぬよの店に展示して、
よーへーにもサンタの服を上げれました。
ミルさんも今度もらいに来るそうです。

さらにマリンさんの村にも遊びに行く。
トトカル、かれんにも再会、みんなサンタの服 帽子、ヒゲ。
少々マニアックなフィギュアの話、食玩の話とかをしました。
あと 任天堂からおい森の郵便に手紙が来てた事。を話しました。
なんと、おいでよどうぶつの森2周年で、その記念の手紙!
任天堂のスタッフからで、マリオのキノコ付き!
ゲームの中にも リアルにスタッフから手紙が来るなんて
素敵すぎますね。


b0016565_1641293.jpg

[PR]
by m7andy | 2007-11-23 16:41 | どうぶつの森 | Trackback | Comments(0)
今や厚生労働大臣でもある舛添要一さん
かつて ファミコンを出していたの!!
「舛添要一の朝までファミコン」
知らなかったww
昨日のTVの雑学王で紹介されて初めて知りました。
かつてファミコンはいろんなタレント 有名人の名前の
ゲームが出てました。
ビートたけし、田代まさし、中山美穂、光GENZI、聖飢魔??
所ジョージ など
レアなのでは、スーパーマリオオールナイト日本バージョン
でサンプラザ中野が出ている(など)
でも舛添要一さんのファミコンは知らなかったw

有る方法で入手してさっそく遊んでみました。
1992年の作品なのでファミコンでも後期の作品ぽい?
ファミコンなのに漢字(でかいけど)表示。
ビジネスアドベンチャーゲームぽい。
接待などをして取引先の社長を料亭に連れて行き、
うまくのらせて、上手に取引をゲットする内容だった。
国会議員に接待はまずいけど、会社同士ならよくある。
そのテクニックを学べる 大人向けのアドベンチャーになっていた。
スーファミでも 課長島耕作の似たようなゲームがあったのを思い出した。
あれも 大人向けのゲームでした。

b0016565_2234460.jpg

b0016565_2235677.jpg

[PR]
by m7andy | 2007-11-23 02:24 | ゲーム | Trackback | Comments(1)